ほしいぬ

書いたり、詠んだり。メールはこちらへ。ssongaki☆excite.co.jp 星を@にかえてください。

すきな色は友の色

f:id:majyonan:20180402101253j:image

 

↑写真はこちらのサイト様の無料素材です。個人利用のみ可です。

https://flowerillust.com

 

金糸雀(カナリア)のイエロー眩し草むらの光よ届け遠くの友に

 

てのひらに菫を摘んで思案する友の横顔そっとうかがう

 

カーディガンいろとりどりを選ぶとき自分の顔に友を並べて

 

花束をつくり笑顔がわきあがるすきな色なら友の色です

 

 

…わたしは黄色という色があまり好きではありませんでした。目立つし、自分には似合わないと思っていたのです。

しかし、心の中では憧れてもいました。

最近、親友と話していて、子供の頃一番好きな色は黄色だった。ときき、がぜん嬉しくなり、好きになりました。

 

白の混じったレモンイエローだとわたしにも似合うことがわかったので、カーディガンなどに取り入れて楽しんでいます。

小鳥好きなので、オカメインコのクリーム色や黄色、カナリアの黄色も好きです。

花の黄色はなんでも好き。自然の色は美しいです。

 

黄色の衣服を身につけて困ることは、羽虫類が寄ってくることです…

やれやれと思いながら、そっと払いのけています。

虫たちからすれば、そんな色を着て紛らわしい!と迷惑かもしれません。

 

春の花、春の色、楽しみたいです。

 

 

 

みどり笑み

f:id:majyonan:20180330142716j:image

 

みどり笑みぐんと伸びたり三月も終わる春日に我もゆるまる

 

このところの陽気のおかげで、パクチーが大きくなりました。もうどこから見てもパクチーです!(あたりまえ)

みてみて!ほら!と家族に自慢して煩がられています。

 

おそるおそる葉をちぎり、スープに浮かべて頂くと、柔らかくていい香り!

あきらめずに栽培してよかったです。

 

いや、あきらめなかったのはパクチー自身。

ずぼらな、園芸ど素人のわたしに寒くなってから撒かれたのに、霜にも雪にも耐え、気温が上がってからはすごい勢いで大きくなりました。

ありがとう、パクチー

 

眺めているだけで、問答無用の力をくれる。小さくても命はすごいなぁと、感謝する毎日です。

 

 

 

 

 

 

 

春の交点

f:id:majyonan:20180312102509j:image f:id:majyonan:20180312102530j:image

 

いきどおり絶望いのちあればこそ春の交点希望ぞ実る

 

直線の君の悲しみ果てぬともぼくが区切って等分担う

 

ぬかるんだ道を歩いて戸をくぐり花と果実に歓声あげる

 

両の手にいちご風船持たされて子供のようにはにかむ母よ

 

あたたかくつめたく吹きて春風は心のコート脱がせまた着せ

春を待つ

f:id:majyonan:20180201110714j:image

 

雪溶けて本葉は春を待っているたとえふたたび雪積もるとも

 

 

パクチーの芽は枯れずに持ちこたえています。小さな双葉から本葉が出てうれしいけれど、なかなかおおきくなりません。

 

室内へうつすことも検討したけれど、やめた。

がんばれ。寒くても陽の光と風を浴びて大きくなって。

 

なかなか大きくならないことをもどかしく思っていた。蒔き時が遅すぎて、大きくなれずに枯れるのかもしれないと思った。

 

それでも霜が降りても、雪が降っても、枯れなくて。

小さな本葉のままで踏ん張っている芽をみていたら、気づいた。

待っているのだ。あえて小さいままで、冬をやり過ごしているのだ。大きくなれる時を待って、チャンスをうかがっている。

その証拠に、暖かい日があると、少しだけ大きくなっている。慎重に。少しだけ。

 

園芸学的には私の素人考えは誤りなのかもしれない。

でも、成長は右肩上がりには起こらない。

必ず足踏みして待っている時期がある。

そのことは、どんなことにも通じると思った。

 

小さな芽だけれど、教えてくれることは大きい。春まで大切に育てたい。

 

あ、あまりに寒くなって危険だったら家に避難させます…

 

 

 

ありがとう

f:id:majyonan:20180101144139j:image

 (写真はフリー素材です)

 

1.境目は無き筈(はず)昨年(こぞ)と新年のいづくに我を遺失せし哉

 

2.あけましてなおし残したこと拾い屈める背(せい)をうーんと伸ばす

 

3.別れより出会いの嬉し一年(ひととせ)を振り返る時誰に手を振る

 

4.年ふりて華やぐ身体ゆめ知らず若き人こそ安ぜよ今を

 

5.ありがとう目を見て云へる幸せよ言葉違えど温もり伝う

 

 

年が明けてしまいました。年内に更新したかったのですが無念。くやしさのあまり元旦から詠みました。

 

りとさんの塗り絵、まっつさんの2017ベスト企画にも参加したいです。遅刻上等!←開きなおり…

 

2017年は、忙しいながらも、家族の体調が回復し、趣味の音楽も再開でき、はてなブログを楽しませて頂き、素晴らしいご縁もありました。新しい友人にも恵まれ、おかげさまで佳い年でありました。ありがとうございます。

 

年初に掲げた目標は達成できなかったものが幾つもあり恥ずかしいのですが、それらは今年の課題とし、継続して努力したいです。

 

ゆるゆるぼちぼちではありますが、本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。