ほしいぬ

書いたり、詠んだり。メールはこちらへ。ssongaki☆excite.co.jp 星を@にかえてください。

翳す連休

f:id:majyonan:20180515110844j:image

 

雛罌粟(コクリコ)と笑顔にソフトクリームを掲げて我は女神を気取る

 

背が伸びてもう届かない細首をまぶしく眺む健やかであれ

 

空っぽに風をはらんで悠々と鯉仰ぎ掌(て)を翳(かざ)す連休

 

 

うすくてかるい

f:id:majyonan:20180423104135j:image

 

春雷やなやむふりなどうち壊せほんとの我はうすくてかるい

 

捨てるならなぜ涙する意味がない拾って生きろさあThis is me

 

私より大きくなって遠くまで行って来てねと靴を揃える

 

やさしさは目を閉じそっと手の中に何もない鳥包むがごとく

 

歳とりて人との距離を測るため小さき定規手に乗せてみる

 

 

*takanoさん(id:nigaichocolate)の記事のおかげで、素晴らしい映画と素晴らしい曲(this is meを知ることができました。ありがとうございます。

 

http://takano.hateblo.jp/entry/2018/04/23/020000

 

 

 

 

 

 

 

ニュートラル

f:id:majyonan:20180405093057j:image

*写真はこちらのサイト様のフリー素材です。

http://japanism.info/index.html

 

ニュートラル怒り喜び悲しみを桜吹雪の中に放てり

 

鳥の声高くころがる曇天にわたしもそっと秘密を逃がす

 

とりあえず微笑むことができなくて生真面目な子のうなじは細く

 

春財布スマホケースにパスケースこころも入るケースがほしい

 

春闇に酔ひは薄々さめてゆき記憶の灯りぽうと点りぬ

 

すきな色は友の色

f:id:majyonan:20180402101253j:image

 

↑写真はこちらのサイト様の無料素材です。個人利用のみ可です。

https://flowerillust.com

 

金糸雀(カナリア)のイエロー眩し草むらの光よ届け遠くの友に

 

てのひらに菫を摘んで思案する友の横顔そっとうかがう

 

カーディガンいろとりどりを選ぶとき自分の顔に友を並べて

 

花束をつくり笑顔がわきあがるすきな色なら友の色です

 

 

…わたしは黄色という色があまり好きではありませんでした。目立つし、自分には似合わないと思っていたのです。

しかし、心の中では憧れてもいました。

最近、親友と話していて、子供の頃一番好きな色は黄色だった。ときき、がぜん嬉しくなり、好きになりました。

 

白の混じったレモンイエローだとわたしにも似合うことがわかったので、カーディガンなどに取り入れて楽しんでいます。

小鳥好きなので、オカメインコのクリーム色や黄色、カナリアの黄色も好きです。

花の黄色はなんでも好き。自然の色は美しいです。

 

黄色の衣服を身につけて困ることは、羽虫類が寄ってくることです…

やれやれと思いながら、そっと払いのけています。

虫たちからすれば、そんな色を着て紛らわしい!と迷惑かもしれません。

 

春の花、春の色、楽しみたいです。

 

 

 

みどり笑み

f:id:majyonan:20180330142716j:image

 

みどり笑みぐんと伸びたり三月も終わる春日に我もゆるまる

 

このところの陽気のおかげで、パクチーが大きくなりました。もうどこから見てもパクチーです!(あたりまえ)

みてみて!ほら!と家族に自慢して煩がられています。

 

おそるおそる葉をちぎり、スープに浮かべて頂くと、柔らかくていい香り!

あきらめずに栽培してよかったです。

 

いや、あきらめなかったのはパクチー自身。

ずぼらな、園芸ど素人のわたしに寒くなってから撒かれたのに、霜にも雪にも耐え、気温が上がってからはすごい勢いで大きくなりました。

ありがとう、パクチー

 

眺めているだけで、問答無用の力をくれる。小さくても命はすごいなぁと、感謝する毎日です。

 

 

 

 

 

 

 

春の交点

f:id:majyonan:20180312102509j:image f:id:majyonan:20180312102530j:image

 

いきどおり絶望いのちあればこそ春の交点希望ぞ実る

 

直線の君の悲しみ果てぬともぼくが区切って等分担う

 

ぬかるんだ道を歩いて戸をくぐり花と果実に歓声あげる

 

両の手にいちご風船持たされて子供のようにはにかむ母よ

 

あたたかくつめたく吹きて春風は心のコート脱がせまた着せ