ほしいぬ

書いたり、詠んだり。メールはこちらへ。ssongaki☆excite.co.jp 星を@にかえてください。

コンクリート

f:id:majyonan:20150727024945j:plain


コンクリート 寄り添うように咲く花は 君の体温 すべて受け止め


あかねさす 日の思い出を 取り出して

このさみしさを ひとりじめする


夕陽落ち わずかな時間 こぼさずに

老いてゆくこと 生きてゆくこと


これやこの ゆくもかえるも 我次第

苦手なブランコ もう少しこぐ

*本歌「これやこの ゆくもかえるも わかれては しるもしらぬも 逢坂の関」百人一首 第十 蟬丸


暑いのは 息をするから 湿るから

生きる証ぞ 人形涼し


手のひらが よろこぶ腰の 曲線を

我も得たいと こんにゃくすする


吸う吐くを より良き音にせんと泣く

吹奏楽部の 夏がまた来る


夜もすがら 寝ることもせず うたをよむ もう少しだけ あとひとつだけ

*本歌「よもすがら ものおもふころは あけやらで 閨の暇さえ つれなかりけり」百人一首85番 俊恵法師


夢をみて 名残りの熱が ことことと

リズム刻むよ 新しい朝


月曜日 手帳に書いて 線を引く

やることリスト 伴走者は僕