ほしいぬ

書いたり、詠んだり。メールはこちらへ。ssongaki☆excite.co.jp 星を@にかえてください。

f:id:majyonan:20150928182747j:plain


言葉には しない約束 月として

9月の扉 静かに閉める


日輪の ごと輝ける 月光を

いっぱいに浴び 泣きぬれてをり


まだ香る 金木犀に 立ち別れ

君が待つなら 何處(いづく)へも行く


*本歌 

立ち別れ いなばの山の峯に生ふる

まつとしきかば 今 帰り来む 


百人一首 16番

中納言行平



わが身には わが思い宿り 進みゆく

諍うときも 相和すときも


身と心 どちらも眼(まなこ)逸らさずに

 磨いてゆかん 時終わるまで


月神を 仰ぎ 痛みをおもいだし

元の場所へと 大事にしまう


今生きる 覚悟決めた日 メモ記す

また会う月に 約束をして