読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ほしいぬ

書いたり、詠んだり。メールはこちらへ。ssongaki☆excite.co.jp 星を@にかえてください。

のみものまわり(その1 コーヒー編)

f:id:majyonan:20160829124123j:plain

*写真は京都イノダコーヒー本店さんです。良いお店です。


今日は飲み物のことをとりとめもなくつらつら書いてみようと思います。長いです。すみません。


この世で一番おいしい飲み物は水、だとわたしは思います。体の都合もあり、意識的に水分をよく取るようにしているというのもあるけれど。


コーヒーも好きです。他にも好きな飲み物はありますが、まずはコーヒーの話をします。


うちでは生豆を買い、それ用のコーヒーメーカーで焙煎から挽いて淹れるまでスイッチ一つで楽しんでいます。機械は約10年ほど前に夫が探して買ってくれました。


この機械のメーカーさんは残念ながら閉業してしまわれたので、機械が壊れないよう毎朝祈りながら使っています。ずぼらな私はもしこれが壊れたら生豆を自分で焙煎して挽いてまではできないと思います。

生豆は青白いコーヒーのお豆さんで、選別のゆるいものを安価で購入し保存もきくので重宝しています。一粒ずつ表情があってコロコロしているのもなんだか愛しく思っています。


コーヒーを生豆から焙煎しその美味しさを教えてくれたのは、東京の練馬区石神井公園にあるCOFFE FACTORYさんです。ご主人が生豆を仕入れ、お店で焙煎し、そのまままたは挽いて販売されています。試飲や喫茶もされていて、コーヒー豆の産地や種類や良し悪しについて教わり、コーヒー談義に花が咲くのは実に楽しい時間でした。


いわゆるレギュラーコーヒー用の挽いた粉を買ってきてペーパーで淹れることもあります。パッケージされたものはしっかりと焙煎されていて粉も細かいので香りや味が濃厚でおいしいなぁと思います。


プロがいれてくれたものを外で飲むのも好きです。外出の機会が少なく、年に数回ではありますが、やはりプロの技はすごいなぁとしみじみとおいしくいただきます。


インスタントコーヒーも好きです。昔と比べ随分おいしくなったと思います。飲みたいときにささっと飲めるのはありがたいです。


豆の種類にあんまりこだわりはないのですが、酸っぱいよりは苦い、強いよりは柔らかいものが好きなように思います。(訂正。強いのも割と好きです。)バランスのとれた香りが高いものが好きです。

よく買う豆は、ブラジルサントス、グァテマラ、マンデリン、モカ、タンザニア、コロンビア、ホンジュラス、ペルーです。

お金のあるときはクリスタルマウンテンも買っていました。初めて飲んだ時の感動はよく覚えています。キューバは行ってみたい国の一つです。

ドミニカAAも好きでしたが現在の購入先にはない豆なので10年くらい飲んでいません。ベトナムもたまに買っていました。

単品でなくブレンドコーヒーも好きです。


コピルアックはお土産で頂いたことがありますが、わたしには残念ながら良さがよくわかりませんでした。

ブルーマウンテンも、あんまりわからないので、買いません。というか、高価なので買えません。笑。


いろいろ書きましたが、わたしはそもそも適当な人間なので、こだわりはあまりないです。ほぼ毎日飲んでいるので、珍しくなくてよくて、フツーでいいなぁと思います。


わたしは基本的に深煎りでコクのあるものが好きなので、軽くて酸味が出たコーヒーは好きではないのですが、この夏に初めてそういうものを飲みました。

屋外プールで泳いだ帰りに身体が冷え、広場ににバンをとめてコーヒーを出張販売しているお店で熱いのを淹れてもらいました。

時間をかけて丁寧に淹れてくれたのですが驚くほど酸っぱく軽く、これでいいの?!と思いましたが、熱いコーヒーはしみじみとおいしく、あったまりました。

後で調べて、そういう軽い焙煎であえて酸味を出すという方法があると知り、なるほどなぁと思いました。


コーヒーをはじめ、飲み物の面白いところは、温度が大きな要素であるところだと思います。食べ物もそうですが、飲み物は温度による感じ方の違いが顕著と思います。熱い冷たい常温その中間、でずいぶん感じ方が変わります。

あとは、シチュエーションも大いに関係あります。


コーヒーを飲むとき、わたしはいろんな場面をふと、思い出します。旅先で飲んだコーヒーや、仕事の合間に飲んだコーヒーなど、たくさんの思い出が蘇ります。

その思い出はわたしとともにあり、わたしが死ぬと消えてしまうんだなぁと思うと、そして全ての人についてそれは共通のことなのだと思うと、当たり前のことなのにハッとします。


また、健康でないとコーヒーをおいしく感じることはできません。ドクターストップで飲めない時期もあったので、ふだんは何気なく飲んでいるけれど飲めること自体ありがたいなぁと思います。

また、経済的に逼迫したらコーヒーは贅沢品で飲めなくなると思います。昔に比べ安価になったとはいえ、なくても過ごせるものですから。


コーヒーにまつわる問題、フェアトレードや農薬などに思いを馳せることもあります。考え込むとおいしく飲めません。思考を一時停止して、感謝しておいしく飲み、また考えたり忘れてしまったりもします。ああいい加減。


ともあれ、コーヒーの香りには吸い寄せられます。晴れた日のコーヒーもいいし、雨の日はまた格別です。


もしあなたがコーヒーをお好きなら、興味をお持ちなら、どうぞ一杯、召し上がれ。

良いひとときがあなたとともに、ありますように。