ほしいぬ

書いたり、詠んだり。メールはこちらへ。ssongaki☆excite.co.jp 星を@にかえてください。

零れ落つ(映画感想短歌)

f:id:majyonan:20180607012140j:image

 

零れ落つ紅にじむ唇(くち)の端に彼の人の名は決して上らず

 

ひしと抱く夢のあわいに魘(うな)されて舞台の光目も眩む闇

 

少年の日々の痛みは刃より深くふたりを刻み結べり

 

ふりむきてまたふりむきてひとことも発せず去りぬ妻のまなざし

 

幾たびも歴史をくぐり相目(あいま)みゆたださよならを伝へるために

 

 

 

*ずっと観たかった映画「さらばわが愛 覇王別姫」をやっと観ました。

とても揺さぶられました。素晴らしかったです。

ご紹介くださったまりおさん(id:mariostang)ありがとうございます!

 

 

 

てっぺんに

f:id:majyonan:20180605132845j:image

 

地面から見上げる高いてっぺんに勇無き我はレンズを向ける

 

その時は決して見えない星がある軌道を降りてやっと見つける

 

よく生きていてくれたねと讃えたいぽつぽつ話す友の人生

 

 

 

 

 

*ジェットコースターに乗る家族を撮るために、ひたすらカメラを向けていました。わたしには乗る勇気がありません。

白いぶらんこ、ブリキの星(映画感想短歌)

f:id:majyonan:20180518130143j:plain

*写真はヴェルニー公園のバラです

 

屋上にはためくシーツぶらんこが揺れるがごとく愛を歌へり

 

職失くし古びた鞄まさぐりて父が灯した満天の星

 

勇しき心は傷を受けたゆえ群舞のビートどくどくと打つ

 

かなしみは青いストール岸壁に佇む妻を疾く抱きしめよ

 

手に入れた世界を全部差し出して夢のバトンは繋がってゆく

 

 

*先日、映画「グレイテスト・ショーマン」を観てきました。とても胸揺さぶられました。その鼓動が止まらないうちに、拙い歌を詠みました。

もし良かったら、ぜひ、観てください!

 

 

 

 

 

 

 

 

映画

 

翳す連休

f:id:majyonan:20180515110844j:image

 

雛罌粟(コクリコ)と笑顔にソフトクリームを掲げて我は女神を気取る

 

背が伸びてもう届かない細首をまぶしく眺む健やかであれ

 

空っぽに風をはらんで悠々と鯉仰ぎ掌(て)を翳(かざ)す連休

 

 

うすくてかるい

f:id:majyonan:20180423104135j:image

 

春雷やなやむふりなどうち壊せほんとの我はうすくてかるい

 

捨てるならなぜ涙する意味がない拾って生きろさあThis is me

 

私より大きくなって遠くまで行って来てねと靴を揃える

 

やさしさは目を閉じそっと手の中に何もない鳥包むがごとく

 

歳とりて人との距離を測るため小さき定規手に乗せてみる

 

 

*takanoさん(id:nigaichocolate)の記事のおかげで、素晴らしい映画と素晴らしい曲(this is meを知ることができました。ありがとうございます。

 

http://takano.hateblo.jp/entry/2018/04/23/020000

 

 

 

 

 

 

 

ニュートラル

f:id:majyonan:20180405093057j:image

*写真はこちらのサイト様のフリー素材です。

http://japanism.info/index.html

 

ニュートラル怒り喜び悲しみを桜吹雪の中に放てり

 

鳥の声高くころがる曇天にわたしもそっと秘密を逃がす

 

とりあえず微笑むことができなくて生真面目な子のうなじは細く

 

春財布スマホケースにパスケースこころも入るケースがほしい

 

春闇に酔ひは薄々さめてゆき記憶の灯りぽうと点りぬ