ほしいぬ

書いたり、詠んだり。

飄々と

f:id:majyonan:20181213110309j:image

 

飄々と天使は道の曲がり角立ちて背中をあたためている

 

街中でかけてもらった思いやりバトンのようにつなげてゆこう

 

手袋に盛って書かれた効能にくすくす笑うあなたの勝ちね

 

信号を待ちきれぬほど頬染めて青に駆けゆく恋心推す

 

いつまでも薔薇が咲いてる12月誕生日だね空につぶやく

 

 

零れ(こぼれ)

f:id:majyonan:20181128112731j:image

 

こぼれおち酷暑の夏は土の下冬の光にみどり広げて

 

人前で顔を覆って泣いた時黒き氷が零れ透明

 

見守りて灰汁とり友の野菜煮る心配事もすくって捨てる

 

あたたかき心会議に持ち寄ってみんなでまちの未来を望む

 

 

昨年晩秋に種蒔きしたパクチーが冬を越えて春に食卓を彩ってくれました。今年はどうしようかなと思いながらも多忙にかまけてほったらかしにしてしまいました。種は少し収穫したもののそのままとっておきました。

ところが、いつの間にかこぼれ落ちていた種が、ちゃんと芽吹き、すくすくと育ってくれたのです。おかげさまで今美味しく頂いてます。

なんというか、ラッキーとか得したとかそういうことだけではなくて、しみじみと嬉しくありがたい。一生懸命やってもうまくいかない事もあるのに、何もしなくてもプレゼントのような幸いもある。命の強さ。かけがえのなさ。何とも言えない気持ちになりました。

パクチー、ありがとう。

わたしももっと成長したい。

パクチーの瑞々しい緑に勇気をもらっています。

 

この一年を振り返ると、別れもあり、困難もありました。そのたびにあちこちぶつかり、たくさん泣いて、頑ななわたしを壊し、ぽろぽろと零し落としていったように思います。

いろんな方々の温かい思いやりがしみました。心から感謝しています。

締めくくりを笑顔で迎えることができるよう、あともうひといき、がんばりたいです。

 

いつも読んでくださる皆様ありがとうございます。時節柄どうぞご自愛くださいませ。

すこし早いですが、良い師走、佳き新年となりますようお祈り申し上げます。

 

 

 

 

 

 

りんご飴

りんご飴支えし細き割り箸をしかと握る子うれしい重さ

 

ひとりでは堅きうわべをなぞるのみ分かてば中の果実に届く

 

あの頃は買ってもらえず羨んでますます紅く飴輝けり

 

見かけより美味くはなしと侮れど甘き香りに胸はふくらむ

 

りんご飴買うよろこびは子の笑顔わたしのなかの夕闇照らす

 

 

 

 

ひやりと香る

f:id:majyonan:20180927105927j:image

 

子を叱り強き言葉で打ちすえて零れた涙食卓を拭く

 

叱るとき同時に我も叱られる過ちをせぬ人などいない

 

ほとんどは自分の裡(うち)に理由(わけ)がある怒りを向ける前に自問す

 

とりかえしつかぬ言葉を放つなら我は自分の唇(くち)を縫いたい

 

思いあい愛(いと)しみあいて睦まじく在りたしされど我に棘あり

 

芋蒸して君の笑顔をまつあいだ金木犀はひやりと香る

 

 

うさぎミッション

f:id:majyonan:20180924160023j:image

 

友からのLINE繋がり晴れやかに秋空仰ぐ雲もほほえむ

 

うさぎより臆病者を自負するがわたしはわたしの崖へ挑むよ

 

なにもかもつながっていてうろこ雲数えることはやめて踏み出す

 

 

 

 

 

 

秋別れ

朝顔の花の輪郭ひとまわりちいさくなりて秋ぞ来にけり

 

友発ちてさみしき秋のひんやりと今朝の気温を確かめて泣く

 

別れこそ大切だよと友は言い我頷きて手帳に記す

 

秋別れまた会う日まで大切に今日を包みてまぶたにしまう