ほしいぬ

書いたり、詠んだり。メールはこちらへ。ssongaki☆excite.co.jp 星を@にかえてください。

映画の日、君の名は

今日は映画の日です。久しぶりに観てきました。「君の名は」です。観る前から、どきどきしていました。それは、期待半分不安半分のためです。作品の良し悪しではなく、わたしが映画の世界を楽しめるかどうか心配でした。なぜなら、新海誠監督作品は、「秒速5…

第12回10月短歌の目参加します

卯野抹茶さん、今月もありがとうございます。10月短歌の目、参加いたします。http://tankanome.hateblo.jp/entry/2016/10/10/00000010月今月のお題題詠 5首1. 渋渋れどもぼくと出かけるきみが好き不意打ちのキス平手覚悟で2. 容変容を受け付けました今朝から…

あふれる

まりおさんの音楽ブログの方で紹介されていた、話題の一枚。 この記事に背中を押してもらって、やっと購入しました。 まりおさんありがとうございます。 http://onmusicloud.hatenablog.com/entry/2016/10/16/000733 わたしは、宇多田ヒカルは好きなんだけど…

レッピンブルー

タイトルは適当な造語です。red pink blue。 今日買ったビールのラベルがたまたまそんな色味だったので。 向かって右から1.ベルギー ミスティックチェリー、2.同 ヒューガルデンホワイトロゼ、3.日本 サントリー クラフトセレクト 香り彩るビール ペールエー…

待宵の月、秋の襲色目

前記事で今日(10/15)は満月か十六夜?と書きましたが、間違いでした。十四夜月、で別名小望月、待宵の月と呼ばれるそうです。風流ですね。大きな、満月と見まごうばかりの、美しい月がいまのぼりはじめました。風流といえば、平安時代からの襲色目(かさねい…

白と白/のみものまわりその2・お酒編

先日久しぶりにお花を買いました。わたしは生花の心得がないので、いつも義母にいけてもらいます。ありがたいです。 ハイクでぼやいたのですが、先週は自分的にはヘビーな仕事があり(仕事といってもボランティア的なこと)そのための準備や対応にこのところず…

7days colors

英語は得意でないので、このタイトルであってるのが心配です。sいるの?とか。(低レベル…) 一週間について考えたまりおさんとおしきさんの記事「曜日の感想」にクスッと笑わせていただいたので、わたしも書いてみました。 まりおさんおしきさんありがとうご…

金木犀の時間

このところ、金木犀の香りがひんやりとした空気の中いっぱいに満ちています。わたしは好きな香りで、朝起きるのがうれしくなります。 9月ももう最後の日。いろんなことがあり、慌ただしい日々ですが、今の季節だけの贈り物、金木犀の時間だと思って、大切に…

あけがたの星

祝!感謝!「短歌の目」再開!卯野抹茶(id:macchauno)さん、ありがとうございます。短歌の目 9月 に参加いたします。http://tankanome.hateblo.jp/entry/2016/09/10/000000題詠 5首1. 星 学校へ行かない君に弁当を作る夢見たあけがたの星2. 吹こんなにも苦し…

のみものまわり(その1 コーヒー編)

*写真は京都イノダコーヒー本店さんです。良いお店です。今日は飲み物のことをとりとめもなくつらつら書いてみようと思います。長いです。すみません。この世で一番おいしい飲み物は水、だとわたしは思います。体の都合もあり、意識的に水分をよく取るよう…

よれよれでもいい

なんというか、よれよれな日々なのですが、しなくてはならないことだけは必死で綱渡りみたいにこなしている。難問に無い知恵絞って考えている。 もし何もしなくていいならば、貝になって砂に潜って寝ていたい。 でも、逃げないぞ。たたかう。 そんな時、助け…

9月のブルー

9月が始まりました。いろんなことが動き出し、わたしも考えて結論を出しました。苦しかったし、いまも苦しい。でもきっとこれがいまはベストなんだと思います。その結論を話すとき、いい年をしてポロポロと人前で泣いてしまった。でもそれを笑顔で、大丈夫…

夏時間

主催者さんの、短編小説の集いのべらっくすの特別企画なつやすみの宿題57577に参加します。主催者さん、楽しい企画をありがとうございます。よろしくお願いいたします。拙い歌ですみません。リンク貼り間違いましたので訂正しました。すみません。http://nov…

ゆかかな

突然ですが、短編小説を書きました。 主催者さんの、夏休み企画、納涼怖い話を書く企画に興味を持ったからです。 しかし、規定の5000字をたぶんはるかに超え、しかも、怖くない。というあかーん!なシロモノが出来てしまいました。すみません。 それでも許す…

流れの中で(または映画の夏)

*写真はフリー素材です お盆が明けました。いつものように13日に迎え火を焚き、16日に送り火を焚いて家族みんなで送りました。義父と父よ、祖父母よ、親戚よ、また来年。 なんだか今年は忙しない夏で、しなければならないことをして、考えなくてはならない…

料理のことなど

わたしは食べることが好きで、料理も好きです。といってもきちんと習ったわけではなく、手先が器用ではないし性格もいい加減なので適当なものを作っています。 そんなわたしが偉そうに言うのも恥ずかしいのですが、料理って、毎日のことなので、栄養バランス…

桃も李も

ずっと忙しいのでゆっくりしたいなぁという願いが夏風邪によって叶えられました。しかし、3日も寝たきりだと飽きますね。家族にも負担をかけているし、しなくてはいけないことも控えているので、明日から平常運転に戻りたいです。わたしは食いしん坊なので、…

夏雲

夏雲や 熱の眼で見上げれば白の城塞青空に消ゆ 七度(ななたび)も7分(しちぶ)も痛し夜もすがら熱はわたしの裡にこもれり ガーゼのみやさしき友の風合いで包みこまれてこのままでいる 夕刻の鐘の響きを寝床にてきく1日があっけなくゆく 草の香の髪幾たびもすす…

百日草、100年続きますように

暑いですね。百日草が鮮やかに咲いていました。花言葉を調べたら、下記でした。「友への思い」「遠くの友を思う」「注意を怠るな」などなど。言葉の由来は、花が長く咲くかららしいです。ひどい事件がありました。ご冥福を祈り、一命を取り留めた方々の回復…

「バケモノの子」を観て

先日テレビで放映されていたのに途中から気づき、録画しておいたものを先ほど観ました。 途中からだし、細田守監督の作品は、あまり好きではないので、(時をかける少女、だけちゃんとみた。サマーウォーズは最初の数分で耐えられなくなり、おおかみこどもの…

残像送る

紫陽花のほそき枝より旅立ちぬ抜け殻越しにそっと手を振る涙するたびに記憶の残像がただ繰り返す幾度でも泣く泣くたびにすすぎ洗いをするがごと悲しみの染み消えよと願う遺された者の悲しみ乗せて行け灯籠の舟ゆらゆらとゆけ悲しみの日カレンダーに1つ増え…

羽化のはじまる

蝉の仔のさらに高くへ登り来る細き枝にて羽化のはじまる七夕や人の望みの喜びよ射的焼きそばかき氷沁む面談を終えて我が身の裡に居る中学生は未だ泣きをり熱の子はさむいさむいと抱きつけり湯たんぽのようただ撫でるのみサッカーの生地にて作るスカートのシ…

マンゴープリン

つやめいてふるふるしてるのきづかない匙は投げないヒントも無しね待たせてるばかりの君は時間切れ夏の勢いもう止まらない夕立に黒きドラムを叩き居り沸き立つ心冷まさず歩く涼やかに嘘つき村を後にして手鏡うつる我も嘘つき嫌なこといやと云ふより好きなこ…

星空

星空に放(ほお)って離すいきどおり往路分だけ燃料積みて恋の歌やっぱり言わなきゃよかったと一人つぶやく赤い顔して眠る前明日が少しはましになるおまじないなら100は知ってる玄関の靴の大きさはっとする成長速度に追いつけぬ我半年の夢の決算つかぬまま色と…

空梅雨

空梅雨に零れた心注ぐから君のグラスをかしてください振り上げた鋏を下すことはせずアメリカザリガニ我も堪える清々とあけはなちてはまた閉ざす窓の掃除は終わりを知らず手を離しそっと押しやる勇気もて子を信じてぞわが時間往く夏至のくる眩しき光半年の拘…

時と糸

梅雨入りしたというのに、一足飛びに夏のよう。晴れた日のアジサイもまたよし。今年は色が濃い気がします。 6/10は時の記念日。何をするわけでもないけれど、時間について、ネットでのご縁について、このところよく思うので書いてみます。 自分の時間の終わ…

白のスケッチ-2

純白かオフホワイトかクリームか生成りとも言う白ならば美(よ)し白のシャツ何も思わず月曜日心の穴をすーすー晒す自らの色は白ぞと決めているその移ろいと汚れと共に胸底を吐きたる夜の寝苦しき今朝は体重減りて白々君が嘘ぼくは夢見る現実とこれは白かと問…

白のスケッチ-1

群れ溢れさざめく白やとりどりの光と影の境界告げる

恐れと向き合う

わたしは希望や目標を持つのが好きです。そしてそれに向かって努力するのも。でも、一方で、努力が報われなかった時のことをひどく恐れる傾向がある。世の中、常に努力が報われるとは限りません。それで、適当な手抜き努力をしたり、忙しさにかまけて言い訳…

なないろ

橙(だいだい)のカーデ似合う?と聞いてみる勇気はなくて巻いてはほどく 空色の似合う日君はよそよそし我は極上スマイルで鬱 翠なり透けて重なる新緑の無音コーラス清々と鳴る 我が気性真紅なれどもわが涙無色とぞ君に伝へず はんなりとベージュな友はさり気…